人気ブログランキング |

sakizoはカブ毒からスズ菌に侵された!(GSX250R) sakizo.exblog.jp

40代も後半に2輪毒に侵されてしまった週末軟弱ライダーのうだうだ日記


by sakizo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:三菱燃費不正 ( 4 ) タグの人気記事

昨日、帰宅した際に封書が届いていました。
b0052094_815864.jpg
b0052094_8151737.jpg


車検証のコピーだの、免許証のコピーだの、自賠責も・・・

必要な書類が多すぎる気はしますが・・・。めんどくさいから

やーめた!なんて人もいるのでしょうか。

ま、もちろん書類揃えて申請しますけど・・・。

これで一気に収束を図りたいのでしょうが・・・提訴なんて記事も

見かけるので、今後どうなっていくのでしょうかねぇ。

うちは、これでもういいや的なスタンスです。
by saki20040312 | 2016-08-09 08:17 | RVR | Trackback | Comments(0)
三菱自動車のHPにて、対象車種かどうかの検索が

できるようになっていました。

早速チェックしたところ、見事に対象車種判定。

手続きなど準備が整い次第、こちらのページで

ご案内します的なことが書かれています。

軽だけで62万5000台であれば、対応もこんな感じになるのは

仕方ないのでしょうが、『誠意』という部分はあまり見られませんねぇ。

販売代理店経由にして、オプション特別値引きとか、オイル交換サービスとか

そんなことやってくれれば、三菱に足を運ぶきっかけづくりになると思うのですが・・・。

8月中旬頃になるとのことですが、振り込みですかね?
b0052094_1142848.jpg

b0052094_1151960.jpg

by saki20040312 | 2016-07-06 20:35 | RVR | Trackback | Comments(0)
発覚以降、2か月が経ち音沙汰のない状態が続いていましたが、

補償内容が発表されましたね。

軽自動車については、10万円。契約内容によるみたいです。

すでに他車へ乗換のユーザーに対しても、所有年数によって

補償するようです。

その他車種については、下記の通り

1.対象
2016年6月17日時点で、以下車種の一部の年式・型式にお乗りのお客様
<5月18日報告済の現行販売車種>
 ・パジェロ (2006年に発売したモデル)
 ・RVR (2010年に発売したモデル)
<6月17日報告の販売終了車種>
 ・旧型アウトランダー
 ・ギャランフォルティス / ギャランフォルティス スポーツバック
 ・コルト / コルトプラス

2.お詫び内容
対象車両1台につき、3万円をお支払いいたします。


これをどう考えるかは、人それぞれですが、軽だけでも62万台以上

日産オーナーへの補償は発表されていないと思います。

10万円として、625億、3万円の補償該当が何台あるかわかりませんが、

おそらく1000億円規模ではないでしょうか。

不正は不正ですが、他メーカーの実燃費数値も似たり寄ったりなところは

あるわけで、じゃTOYOTAが補償するかと言えば、しないわけで・・・

大盤振る舞いなところもある気がします。

ただ、下取りは絶対に下がります。昨日、年式は不明ですが、近所で

日産『デイズ』53万円!見つけました。軽自動車の中古相場は比較的高め

なので、安いのだと思います。

今後買値が安いからこれでいい!なんて人がek、デイズを買いそうな気もします・・・。

RVRの下取りはいくらくらいになるのでしょうか。

乗りつぶすことが既定路線なので、構わないのですが、三菱車に乗り換えます!

て言ったら、高く買い取るのかなぁと考えたり・・・。

プジョーと比べれば、燃費は良くなっているので、3万円ラッキー!くらいに

思って静観します。

嫁は、『三菱は絶対買わん!次はスバル!』だそうです。
by saki20040312 | 2016-06-20 16:44 | RVR | Trackback | Comments(0)
4月20日の発覚から1か月が経とうとしています。

いろいろな報道がされている中、思うところなど、

書き留めておこうかと・・・。

経緯、詳細はいろんなところで報じられていますので、

RVRが今後どうなるか、とかユーザーとしての希望など・・・。

RVRに関しては、ベース車両での燃費測定後、机上の

計算で、その他グレードなどの燃費を算出し、カタログ値

としていたことがわかっています。

RVRユーザーの気になるところは、マイナーチェンジ後

エンジンが変わったところでしょうか。DOHCからSOHCへ

変更となっています。

sakizo家のRVRはマイナーチェンジ前の初期モデル。

マイナーチェンジ前の車両をどうやって計測しなおすの

でしょうかねぇ。現行モデルでありながら、現行モデルではない

エンジンが積まれている場合の補償までちゃんと考えてもらいたいですね。

こういった状況は中古車にも言えることで、中古車の場合、再計測は

難しいと思われます。実燃費を聞き取り調査などして、一定の割合で

補償も考えられますが、中古車、廃番車などの補償は難しいと言わざる

をえません。(RVR初期型の立ち位置も非常に微妙)

【考えられる補償を挙げてみる】(ここではRVRの場合として考えます)

*実測値との乖離分の燃料代補償

*上記の補償に加え、今後乗り続ける場合の乖離分も補償(期間は決める)

*下取り価格の下落が明らかなため、買い取り
  (不正がなかったとしての下取り価格を参考にする)

*OEMで販売している車種へ乗換(デリカD:2とか)で優遇措置
  (下取り価格をいくらかプラスと値引き幅もアップ)

*今後のメンテナンス費用を三菱が負担。
  (乗り続ける場合)

*日産車へ買い替えの場合の優遇措置

こんなところでしょうかね。

記者会見などを見ていて思ったことは、ユーザー、下請け工場、信頼回復に

奔走して販売してきたディーラーへの誠意が見えないこと。

なんかなぁ・・・デイーラーさんと営業マンはとても好印象なんだけどなぁ。

三菱の信頼回復に協力してあげたい!という気持ちはありますが、

次の選定に三菱車は挙がらないかなぁ。嫁様はもう三菱は乗らん!て

言うてます。

もう、乗りつぶすしかないか?せめて今後のメンテナンスは無償にしてくれ!
b0052094_1440356.jpg

by saki20040312 | 2016-05-16 21:52 | RVR | Trackback | Comments(2)